業者の駆除方法

プロの業者が行うシロアリ駆除作業ですが、様々な方法が存在します。
ここでは、そんな作業の方法や、メリット、デメリットについて紹介していきます。

薬剤施工

薬剤施工とは、読んで字のごとく薬剤を用いてシロアリ駆除を行う方法です。
わかりやすくいえば、殺虫剤などをスプレーで直接吹き付けて駆除していくという方法です。害虫駆除において最もスタンダードな方法であり、我々が自分の手で駆除を行う時は、もっぱらこの方法で駆除を行います。また、薬剤を塗布しておけば侵入もしなくなるので、予防効果があるのも魅力です。
家の柱内部に侵入していた場合、柱に小さな穴を開け、そこから薬剤を噴霧し駆除を行います。

・メリット
薬剤施工のメリットは、なんといっても即効性があることです。状況を把握し、シロアリを見つければ即噴霧すれば問題は解決しますし、仕上げに薬剤を塗布することで年単位でのシロアリ予防も可能です。また、規模に応じた処理も簡単に行えるため、場合によってはコストが少なくなる可能性もあります。もし、シロアリ害が拡大している場合は、この薬剤施工を行い早期解決するのが最も好ましい方法と言えます。

・デメリット
薬剤施工は、薬剤を用い、地面や柱などに薬を吹き付けます。よって、環境にはあまりよろしくなく、無関係の虫も一緒に駆除してしまう可能性があります。近年では安全性の高い薬剤が開発されていますが、それでもやはり薬剤を塗布していることには変わりありません。
また、薬剤によっては匂いが付く場合もあり、好みが分かれる匂いのため、気になる匂いが充満してしまうことだってありますし、被害状況によっては家の壁や柱に穴を開けなければならないこともあるのがデメリットと言えます。

ベイト工法

ベイト工法とは、毒餌を用いてシロアリ駆除を行う方法です。ベイトとは、シロアリにとっての毒薬のことです。脱皮や羽化を繰り返す昆虫に効果のある毒薬なので、昆虫を放し飼いにでもしていない限り無害です。赤ん坊が間違えて食べたり、自宅で飼っているペットが食べても大丈夫なのがベイト工法の特徴です。もちろん万一のことを考慮し、食事に混ぜて食べないように注意しましょう。

・メリット
薬剤を散布するわけではないので、薬剤施工に比べると非常にエコロジーな方法です。また、毒餌は食べていないシロアリにも作用するので巣穴ごとシロアリを根絶することも可能なのがベイト工法の魅力です。また、毒餌は無臭なので、薬剤施工で臭う香りもないのも嬉しいメリットです

・デメリット
ベイト工法のデメリットは、完全駆除に時間が非常にかかることです。毒餌はたしかに効果があるのですが、まず、シロアリが毒餌を食べてくれるのが前提です。もし、食べなかった場合はもちろん効果は現れませんし、効果が現れるのにも時間がかかるので、長くても三ヶ月は時間がかかります。また、コスト面も薬剤施工よりも少々高くつくのも地味なデメリットです。