シロアリに関する豆知識

ここでは、シロアリに関するちょっとした豆知識を紹介していきます。

シロアリの役割

シロアリといえば、害虫というイメージが強いですが、実際のところは少し違います。シロアリは、木材を食べることの出来る数少ない種族であり、森の朽ちた木や枯れ葉などを食べる分解者として活躍し、地球の環境をリサイクルしているのです。よって、ただの害虫というわけではなく、大自然のサイクルのために無くてはならない虫だということなのです。
このように、一般的に害虫といわれている虫は、地球のために無くてはならない役目を担っていることが多いのです。
害虫の中の害虫として知られているゴキブリだって、シロアリと同じく枯れ葉を食べて分解する分解者としての役割を持っており、地球には無くてはならない虫です。こちらもシロアリと同じく、何全種も居る中で、害虫として活動しているのはほんの数%程度なのです。
しかし、やはり家に言えるシロアリやゴキブリは、害虫以外の何物でもないのでスロあり駆除などはしっかりと行いましょう。

非常に弱い生き物

シロアリは、ゴキブリの仲間です。ではゴキブリ並にしぶといのかというと、実はまったくの逆です。シロアリは、食物連鎖の観点としては、非常に低い位置に存在する生き物であり、もっぱら生き物に捕食される側です。
特に、姿形が似ているアリとは仲間かと思えばそんなことはなく、むしろアリはシロアリにとっての天敵です。よくアリに襲われてシロアリは壊滅寸前になることも多く、一部の地域ではグンタイアリを用いてシロアリ駆除を行う方法までもが伝わっています。
ちなみに、グンタイアリは非常に獰猛であり、人間相手でも容赦なく噛み付いてくる厄介極まりない虫です。シロアリ害以上に厄介なことになるので絶対に真似をしないようにしましょう。

シロアリによく似た生き物

生物界には、シロアリモドキという虫が居ます。名前の由来はまさにそのままで、シロアリに似ているのが理由です。しかし、実際にみてみると、姿形はあまり似ていません。ではなんでシロアリモドキなのかというと、羽の形がシロアリにそっくりだということで、シロアリモドキという名前がつきました。
ちなみに、このシロアリモドキは木を食べずに、菌糸類を食べるため、ほぼ人間に対しては無害の生き物です。また、バッタの仲間であり、アリともシロアリともまったく関係のない生き物です。
また、面白い特徴として、前足から絹糸を作る紡糸線という器官があります。ここから糸を出し、巣穴に利用するという面白い力を持っており、バッタの仲間なのに蜘蛛のような特技を持っているのが特徴です。ちなみに、シロアリの名を関するにふさわしく、よく他の昆虫に捕食されることの多い弱い生き物です。