悪質な業者について

業者さんは星の数ほどいますが、そんな中にこっそり紛れ込んでいるのが、いわゆる悪徳業者です。

悪徳業者、名前の通りあくどい商売をする業者であり。他の業作yさんに比べてずさんな仕事をしたり、相場よりも高い費用をふっかけたりと、あまり質がよろしくない業者が殆どです。
引っかかってしまう要因として、仕事内容の無理解が原因として挙がります。シロアリ害にあった場合、シロアリ駆除としてシロアリ駆除業者を呼ぶまでは良いのですが、どんな仕事をしているのか、どんな効果があるのか、それは適切な方法なのかというのは、素人にはわかりにくいものであり、理解していない場合、アッサリ騙されてしまうものなのです。
よって、適切な処置かどうか、適切な値段かどうかというのがわからないので、何の疑いもなく高い費用をふんだくられてしまうわけです。もちろん、騙す悪徳業者が一番悪いのですが、気づいた後には後の祭りであり、騙されたほうが悪いということにもなってしまいます。
このような被害に遭わないためには、悪徳業者の手口を理解し、防ぐ手立てを理解しておかなければなりません。
よって、ここでは悪徳業者の主な手口を紹介します。

一番多い手口として、安い料金で人を呼び寄せるという方法があります。
主な手口としては、まず、安い値段で宣伝し、実際に調査し、見積を出します。ここまでは普通の業者さんと変わらないのですが、その後は少し手口が違います。
まず、見積を出し、施工をした後、様々な理由をつけ、オプションとして見積もりに金額を追加していきます。そしてその結果、確かに駆除費用は安いのですが、様々なオプション費用によって結果的に他の業者さんに頼むよりもはるかに高い値段になっていた。ということになります。
この時に問題なのは、最初に決まった見積に、さらに金額を付け足していくという方法です。シア書の見積で安心し、施工を依頼した手前、断るに断れなくなっていくので、大抵の場合断れなくなってしまうのです。悪辣な場合は、そのオプションにはさして意味がなく、シロアリ予防や駆除にはまったく無意味なオプションであるという可能性もあります。
よって、最終的に安物買いの銭失いになってしまう可能性は十分にあるのです。

対策方法としては、見積を出してもらった時に、この見積からさらに値段が増えないかどうかしっかりと確認をすることです。
その時に、お茶を煎押したような受け答えをした場合、十中八九この見積額はあてにならないので保留し、他の業者さんに依頼をしましょう。

また、悪徳業者で多いのは、訪問型の害虫駆除業者です。頼んでも居ないのにやってきて無料で点検すると言い、点検した後に様々な商品やサービスの営業販売を行うという手口です。これは信用しないほうが無難です。このような訪問型の業者さんは悪徳業者である可能性が極めて高いため、騙されてしまう人が多いのが現状です。
対処方法としては、きちんと断ることだけです。問題が発生した場合は、きちんとした業者さんに依頼をしましょう。